ひとり親家庭の方のための各種制度

ページID : 2461

更新日:2022年04月01日

児童扶養手当

父母の離婚などで、父又は母と生計を同じくしていない子どもが育成される家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立促進のための手当です。ひとり親の方などが18歳以下の子どもを養育している場合に支給されます。
なお、受給資格者や同居扶養義務者の所得が制限額を超えている場合、一部あるいは全部が支給停止になります。

詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

高等職業訓練促進給付金

対象資格取得のために養成機関で修学する、ひとり親家庭の父又は母の就業・自立支援を目的として、給付金を支給します。

支給対象者

岩見沢市に居住するひとり親家庭の父又は母で、次の要件を全て満たす方。

  1. 児童扶養手当受給者又は同等の所得水準にあること。
  2. 養成機関で1年以上修学し、対象資格の取得が見込まれること。
  3. 仕事又は育児と修学の両立が困難であること。
  4. 過去に給付金を受給していないこと。

対象資格

看護師(准看護師含む)、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士、製菓衛生師、調理師、歯科衛生士、美容師、社会福祉士

給付額

給付額詳細
市民税課税世帯 月額70,500円
非課税世帯 月額100,000円
(注意)修学期間の全期間(上限3年)が対象

その他

申請前に事前相談が必要です。

自立支援教育訓練給付金

ひとり親家庭の父又は母が適職に就くために、教育訓練を受けることが必要であると認められる場合に、訓練経費の一部を助成します。

支給対象者

岩見沢市に居住するひとり親家庭の父又は母で、次の要件を全て満たす方。

  1. 児童扶養手当受給者又は同等の所得水準にあること。
  2. 就職経験、技能、資格の取得状況等から判断して、当該教育訓練を受けることが適職に就くために必要であると認められること。
  3. 過去に給付金を受給していないこと。

対象講座

雇用保険制度の教育訓練給付の指定講座など。

給付額

対象講座の入学料及び受講料の6割相当額(12,000円を超え200,000円を限度)を、講座修了後に支給。
(注意)雇用保険の教育訓練給付の受給資格がある場合は、それを差し引いた額。

その他

申請前に事前相談が必要です。

母子福祉資金・寡婦福祉資金

母子家庭の方の生活を守るため、使用目的にそった資金の貸付をいたします。
〈事業開始資金〉〈事業継続資金〉〈住宅資金〉〈技能習得資金〉〈生活資金〉〈就職支度資金〉〈転宅資金〉〈修学資金〉〈修業資金〉〈就学支度資金〉〈医療介護資金〉〈結婚資金〉

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課 児童福祉グループ
〒068-8686 北海道岩見沢市鳩が丘1丁目1番1号
直通電話:0126-35-4118
代表電話:0126-23-4111
ファックス:0126-24-0294


このページに対するお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか