○岩見沢市栗沢スポーツ公園条例

平成17年12月27日

条例第108号

(設置)

第1条 市民の心身の健全な発達及び体育の普及と振興を図るため、岩見沢市栗沢スポーツ公園(以下「スポーツ公園」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 スポーツ公園の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 岩見沢市栗沢スポーツ公園

位置 岩見沢市栗沢町最上546番地1ほか

2 スポーツ公園に、次の施設を置く。

(1) 岩見沢市栗沢球場

(2) 岩見沢市栗沢テニスコート

(3) 岩見沢市栗沢パークゴルフ場

(4) 岩見沢市栗沢B&G海洋センター

(5) スポーツ公園に附帯する施設

(開設期間等)

第3条 スポーツ公園の開設時間、使用時間及び休館日は、次のとおりとする。ただし、市長が必要と認めるときは、これを変更することができる。

(1) 岩見沢市栗沢球場

 開設期間 4月15日から11月15日まで

 使用時間 午前5時から午後9時まで

(2) 岩見沢市栗沢テニスコート

 開設期間 4月15日から11月15日まで

 使用時間 午前5時から午後6時まで。ただし、6月21日から8月15日までは、午前5時から午後6時30分まで

(3) 岩見沢市栗沢パークゴルフ場

 開設期間 5月1日から10月31日まで

 使用時間 午前5時から午後6時まで。ただし、6月21日から8月15日までは、午前5時から午後6時30分まで

(4) 岩見沢市栗沢B&G海洋センター

 アリーナ、第2体育館及びミーティングルーム

(ア) 開設期間 通年

(イ) 使用時間 午前8時30分から午後10時まで

 プール

(ア) 開設期間 6月1日から10月31日まで

(イ) 使用時間 午前10時から午後9時まで

(ウ) 休館日 月曜日及び8月14日から8月16日まで

(平25条例28・一部改正)

(使用の許可)

第4条 スポーツ公園を使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、前項の許可を行う場合において管理上必要と認めるときは、条件を付すことができる。

(使用の不許可)

第5条 市長は、スポーツ公園の使用が次の各号のいずれかに該当するときは、その使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) 施設等を滅失し、又は損傷するおそれがあるとき。

(3) 集団的又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれのある団体の利益になると認められるとき。

(4) その他管理上不適当であるとき。

(使用料)

第6条 使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、別表に定める使用料を納付しなければならない。

2 市長は、特別の理由があると認めるときは、前項の使用料の全部又は一部を免除することができる。

(使用料の納付)

第7条 前条の使用料は、前納しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、後納することができる。

(使用料の還付)

第8条 既納の使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 使用者の責めに帰することができない理由により使用不能となったとき。

(2) 第11条第4号に定める理由が生じたことにより使用許可を取り消したとき。

(3) 使用者から使用開始日の前日までに使用許可の取消し又は変更の申出があって、市長がこれについて相当の理由があると認めるとき。

(目的外使用等の禁止)

第9条 使用者は、使用許可を受けた目的以外のために当該許可に係る施設等を使用し、又は当該施設等の全部若しくは一部を転貸し、若しくは当該施設等を使用する権利を他人に譲渡してはならない。

(特別設備の設置等)

第10条 使用者は、スポーツ公園の使用に当たって特別な設備を設け、又は特殊物件を搬入しようとするときは、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。

(使用許可の取消し等)

第11条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、スポーツ公園の使用許可の条件を変更し、又は使用許可を停止し、若しくは取り消すことができる。この場合において、使用者に損害を及ぼすことがあっても、市は賠償の責めを負わない。

(1) 使用者が使用許可の条件に違反したとき。

(2) 使用者が偽りその他不正な手段により許可を受けたとき。

(3) 使用者がこの条例又はこれに基づく規則の規定に違反したとき。

(4) 公益上又は管理上やむを得ない理由が生じたとき。

(5) スポーツ公園の使用が第5条各号のいずれかに該当するとき。

(原状回復の義務)

第12条 使用者は、その使用を終えたとき、又は使用許可を停止され、若しくは取り消されたときは、直ちにその使用場所を原状に回復して返還しなければならない。

2 市長は、使用者が前項の義務を履行しないときは、これを代行し、その費用を使用者から徴収することができる。

(損害賠償)

第13条 使用者は、スポーツ公園の建物又は附属設備その他物件等を滅失し、又は損傷したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長は、やむを得ない理由があると認めるときは、賠償額の全部又は一部を免除することができる。

(入場の制限)

第14条 市長は、公益上又はスポーツ公園の管理上適切でないと認める者に対し、スポーツ公園への入場を拒否し、又は退場を命ずることができる。

(必要措置の命令等)

第15条 市長は、管理上必要があると認めるときは、使用を許可した場所に立ち入り、使用者に報告を求め、又は必要な措置をとることを命ずることができる。

(指定管理者)

第16条 市長は、スポーツ公園の管理運営を岩見沢市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例(平成17年条例第8号)第5条第1項の規定により指定を受けた団体(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

2 指定管理者は、この条例に定める管理基準に従い、スポーツ公園の管理運営を行わなければならない。

(指定管理者の業務の範囲)

第17条 指定管理者が行う業務は、次のとおりとする。

(1) スポーツ公園の維持管理に関すること。

(2) スポーツ公園の使用の許可等に関すること。

(3) その他市長が必要と認める業務

(利用料金)

第18条 市長は、指定管理者に、スポーツ公園の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を当該指定管理者の収入として収受させることができる。

2 前項に規定する利用料金の額は、別表に定める使用料の範囲内で、あらかじめ市長の承認を得て、指定管理者が定めるものとする。

3 第6条第1項の規定は、第1項の規定により利用料金を指定管理者の収入として収受させる場合には適用しない。

(委任)

第19条 この条例の施行について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月27日から施行する。

(北村及び栗沢町の編入に伴う経過措置)

2 平成18年3月27日前に、栗沢町スポーツ公園条例(平成4年栗沢町条例第4号。以下「旧町の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 平成18年3月27日前に、旧町の条例の規定により課した、又は課すべきであった使用料の取扱いについては、旧町の条例の例による。

附 則(平成25年9月17日条例第28号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年3月26日条例第1号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(使用料及び手数料の改定に伴う経過措置)

2 第1条から第13条まで、第15条、第17条から第25条まで、第27条、第28条及び第32条から第54条までの規定の施行の際、現に使用の許可を受けている者に係る使用料及び手数料の額は、この条例による改正後のそれぞれの条例の規定にかかわらず、なお従前の例による。

別表(第6条、第18条関係)

(平26条例1・一部改正)

1 岩見沢市栗沢球場

区分

使用料

1日

半日

早朝・夜間・1時間当たり

市民

市民以外

市民

市民以外

市民

市民以外

アマチュアスポーツに使用する場合

入場料を徴収しない場合

小・中学生

4,110円

8,220円

2,050円

4,110円

510円

1,020円

高校生

6,170円

12,340円

3,080円

6,170円

770円

1,020円

一般

8,220円

16,450円

4,110円

8,220円

1,020円

2,050円

入場料を徴収する場合

小・中学生

最高入場料金の50人分

最高入場料金の25人分

最高入場料金の7人分

高校生

最高入場料金の60人分

最高入場料金の30人分

最高入場料金の8人分

一般

最高入場料金の70人分

最高入場料金の35人分

最高入場料金の9人分

その他に使用する場合

入場料を徴収しない場合

10,280円

20,570円

5,140円

10,280円

1,330円

2,670円

入場料を徴収する場合

最高入場料金の100人分

最高入場料金の50人分

最高入場料金の13人分

附帯設備

放送設備(得点板含む。)

410円

820円

200円

410円

50円

100円

 

夜間照明(1時間)

2,050円

備考

1 1日は、午前8時から午後4時までとし、半日とは、午前8時から正午まで及び正午から午後4時までとする。

2 早朝は、午前5時から午前8時とする。

3 夜間は、午後4時から午後9時までとする。

4 入場料を徴収する場合の使用料が、入場料を徴収しない場合の使用料よりも低額となるときは、入場料を徴収しない場合の使用料を徴収する。

2 岩見沢市栗沢テニスコート

区分

使用料

市民

市民以外

1面(2時間以内)

1,020円

2,050円

備考 使用時間が2時間に満たない場合であっても、2時間使用したものとみなす。

3 岩見沢市栗沢パークゴルフ場

区分

使用料

市民

市民以外

プレー代

個人使用

当日券

小・中学生

100円

200円

高校生

200円

300円

一般

300円

510円

回数券

小・中学生

1,000円

2,000円

高校生

2,000円

3,000円

一般

3,000円

5,100円

シーズン券

小・中学生

3,080円

4,620円

高校生

6,170円

9,250円

一般

10,280円

15,420円

団体使用

団体券(当日限り有効)

 

10,280円

15,420円

用具代

クラブ1本

1日

150円

ボール1個

1日

50円

備考

1 回数券は11枚つづりとする。

2 シーズン券は、購入した年度の開設期間のみ有効とする。

3 団体使用は、50人以上の場合とする。

4 故意により用具を紛失又は破損した場合は、実費を徴収する。

4 岩見沢市栗沢B&G海洋センタープール

区分

使用料

一般使用

当日券

小・中学生

100円

高校生

200円

一般

300円

シーズン券

小・中学生

1,020円

高校生

2,050円

一般

3,080円

専用使用

1コース(2時間以内)

 

1,020円

備考 シーズン券は、購入した年度の開設期間のみ有効とする。

5 岩見沢市栗沢B&G海洋センター体育館

区分

使用料

暖房料

午前

午後

1日

夜間

個人使用

アリーナ第2体育館

小・中学生

100円

100円

200円

100円

使用料の3割

高校生

200円

200円

410円

200円

一般

300円

300円

610円

300円

専用使用

アリーナ

専用使用

3,080円

3,080円

6,170円

3,080円

第2体育館

専用使用

1,540円

1,540円

3,080円

1,540円

ミーティングルーム

利用者

300円

300円

610円

300円

備考

1 時間区分

ア 午前は、午前8時30分から正午まで、午後は、正午から午後5時までとする。

イ 夜間は、午後5時から午後10時までとする。

ウ 1日は、午前8時30分から午後5時までとする。

2 暖房料は、10月1日から翌年4月30日までの間に使用した場合に徴収する。

3 臨時電灯又は電力の使用料金等、通常の使用以外に特に要した費用は、実費を徴収する。

4 入場料を徴収する場合及び営利を目的とする催物又はこれらに類する使用については、表に定める使用料に、その額の10割に相当する額を加えて得た額を使用料として徴収する。

岩見沢市栗沢スポーツ公園条例

平成17年12月27日 条例第108号

(平成26年4月1日施行)