トップ > 暮らす > 医療・福祉

3099512

軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成事業のご案内

 

  岩見沢市では、身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度の難聴がある児童の言語の習得や

 教育等における健全な発達を支援するため、補聴器購入費等の助成を行っています。

 

  ○対象児童

   次の要件を全て満たす児童が対象です。

    ①岩見沢市内に住所を有し、申請時点で18歳未満の方であること。

    ②両耳の聴力レベルが30デシベル以上で、身体障害者手帳(聴覚障害)の交付対象とならない方

     であること。

    ③補聴器の装用により、言語の習得等に一定の効果が期待できると医師が判断する方であること。

    ④同一世帯内に市町村民税所得割額が46万円以上の方がいないこと。

 

  ○助成額

   障害者総合支援法に基づく補装具費の算定基準のうち、「高度難聴用耳かけ型」の購入基準額と、

   実際に補聴器の購入に要する額のいずれか低い額。
   【参考】H28基準額:46,007円 ※必要に応じてイヤモールド追加可 

 

  ○自己負担額   

世帯区分 自己負担額
市町村民税非課税世帯・生活保護世帯 0円
市町村民税課税世帯 助成基準額の1割

  

  ○申請に必要なもの

   ①軽度・中等度難聴児補聴器(購入費・修理費)助成申請書(PDF:91KB)

   ②軽度・中等度難聴児補聴器購入費等助成事業意見書(PDF:72KB)

   ③②の医師意見書に基づき補聴器販売業者等が発行した見積書

   ④岩見沢市において市町村民税の額が確認できない場合は、世帯全員の市町村民税額が確認できる書類

   ⑤印鑑(シャチハタは不可)

    ※補聴器の購入前に申請が必要です。

 

   【参考】リーフレット(PDF:153KB)

 

 詳しい申請手続きの流れ等については、下記までお問い合わせください。

問合先 福祉課障がい者福祉グループ 内線362